一般

電話番号検索、タウンページ・ハローページ・電話帳検索など

更新日:

電話番号検索

目次 よく読まれている記事
1,タウンページ
2,ハローページ
3,電話帳で検索
4,住所から検索
5,無料・有料について

スポンサードリンク



それでは順番に説明していきます。
最初はタウンページについて


タウンページの電話番号検索

公共施設や商業施設の電話番号は、インターネットの検索サイトから直接検索するのが簡単です.

でも、Webサイトを開設していない施設は未だ多いため、

インターネット上でも全ての施設の電話番号を検索できるわけではありません。

インターネットで検索できない場合はNTTから発行されているタウンページが参考になり、NTT電話帳とも呼ばれます。

紙ベースの電話帳以外では、
インターネット上で公式の電話番号検索サイトが運営されているため、いずれかの方法を利用でます。



詳細な場所を知りたい場合は、地図サービスで住所もしくは施設名を入力するのが簡単です。

ハローページの個人電話番号検索

一般世帯の電話番号を検索する場合は、NTTから発行されているハローページを参考にします。

ただし掲載を希望している世帯に限られているため、

固定電話に加入している世帯でも確認できないケースが増えています。

一般世帯の場合は個人情報の問題もあり、インターネット上でも情報を知ることはほとんどできません。

スポンサードリンク



電話帳に掲載されていない場合は、友人や知人など交友関係をあてにするか、不明な場合は諦めるしかありません。

過去に電話帳に掲載されていたことがある場合は、非公式サイトにデータが保存されていますが、

個人情報なので情報漏えいなどがない限り判明することはありません。

電話帳検索で電話番号を調べる

ハローページやタウンページは地域ごとに発行されており、同じ地域内であれば比較的調べるのは容易です。

しかし地域が異なる場合は該当区域のハローページやタウンページを有料で取り寄せる必要があるだけでなく、住所がわかってない場合は調べようがありません。

氏名だけで電話番号を調べる方法としては、パソコン用の電話帳検索ソフトがあります。

このソフトには個人宅はもちろんのこと、全国の各施設の番号もデータとして記録されているため、NTTに登録されていれば氏名を入力するだけで候補が出力されます。

処理スピードが速いため、件数が多くても短時間に番号を調べることが可能です。

電話帳検索で住所から調べる

電話帳検索ソフトでは、住所から電話番号を調べることができるほか、詳細がわからないケースでも郵便番号からある程度の地域を特定することが可能です。

利用方法としては、発信者不明の着信履歴があった場合に、最初に検索ソフトで居住地を割り出し、続いて居住地周辺が住宅地なのかあるいはオフィス街なのかを検索します。

仮に周囲がオフィス街であれば、サービス勧誘電話の可能性が高いため、折り返し電話をする必要は無いと判断することができます。

仮に登録の無い電話番号だったとしても、市外局番や市内局番からある程度の位置を特定でき、折り返し電話するかどうか判断のヒントとなります。

電話帳検索は無料、有料?

電話帳検索ソフトは購入する必要があるため有料ですが、評価版に関しては無料ダウンロードが可能です。

評価版は法人のみの検索だったり、範囲が都内のみだったりと機能が限定されていますが、購入前に使い勝手を確認することができるため、検索ソフトの導入を考えている場合は事前に試してみる価値があります。

パソコン用の検索ソフトとは別に、iタウンページを利用する方法もあります。

iタウンページはタウンページと同じ情報を掲載している公式サイトで、しかも全国の情報を検索できるため、インターネット接続環境さえあれば重宝するサービスです。

スポンサードリンク

-一般
-, ,

Copyright© 宝くじ当てて旅行&グルメ三昧・金運UP!激レア黄金の毎日 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.